綴り字と音の関係

母音

日本語の母音は、イエアオウの5つですが、フランス語には16の母音があります。地域によっては区別しなくなった音もあるので、ここでは15の母音を区別できるようにしましょう。

1.1 母音台形

各母音の関係を表したのが下の図です。この図は口の中を表し、発音記号の位置は、舌が最も盛り上がっているところにほぼ対応しています。

図の左が口の前、右が口の奥を表します。
②[i e ɛ a]は、舌の前方を上あごに近づける前舌母音。[u o ɔ ɑ]は、舌の後方を上あごに近づける後舌母音です。
③[i e ɛ]の右横にある[y ø œ]は、それぞれの母音の舌の位置を変えずに唇を丸めた音です。
④[ɑ̃ ɛ̃ o~]は、鼻母音です。

1.2 発音の仕方

[i]: 日本語の「イ」より唇をしっかり横に引きます。舌の前部を上あごにグッと近づけます。
[e]: 唇を横に引き、[i]を発音しながら、少し開口度を大きくします。
[ɛ]: [e]を発音しながら、更に開口度を大きくします。
[a]: [ɛ]を発音しながら、更に開口度を大きくします。
[y]: [i]を発音しながら唇を丸めます。非常に緊張した音で、最後まで舌の形を変えません。
[ø]: [y]を発音しながら、少し開口度を大きくします。
[œ]: [ø]を発音しながら少、し開口度を大きくします。
[ə]: 唇を軽く丸めて、舌の力を抜いて発音します。
[u]: 唇を丸めて、舌の後部を上あごの奥に近づけます。舌をグッと奥に引いて、下あごを下げずに、口の中でできるだけ大きな球状の空間を作ります。
[o]: 唇を丸めて[u]を発音しながら、少し開口度を大きくします。
[ɔ]: [o]を発音しながら、更に開口度を大きくします。
[ɑ]: [ɔ]を発音しながら、更に開口度を大きくします。
[ɛ̃]: 口の中は[ɛ]を発音するときの形。息を口と鼻の両方から出します。
[ᴐ̃]: 口の中は[o]を発音するときの形。息を口と鼻の両方から出します。
[ɑ̃]: [ɔ]を発音しながら、更に開口度を大きくします。

問 1 問 2  問 3 問 4